News

MODERN LIVING MUSIC STYLING with SONG X JAZZ 『音の美学のある暮らし』

家とインテリアのビジュアル建築誌「MODERN LIVING」と、日本のジャズレーベル「SONG X JAZZ」がお届けする、住宅や建築空間を、世界でいちばん心地よい場所に変えるポッドキャスト番組『音の美学のある暮らし』。

 

シリーズのEpisode04では、昨年ギャラリー嘸旦で行われた工芸とジャズの共演、Kinzan Jazz Festivalがテーマとなっております。

 

ぜひ御視聴ください。

MODERN LIVING MUSIC STYLING with SONG X JAZZ 『音の美学のある暮らし』

 

 

 

Photo by Mikio Hasui

写真_蓮井幹生

Movie『Kinzan Jazz Festival – Quiet Brilliance 2021』

Movie『Kinzan Jazz Festival – Quiet Brilliance 2021』
が、4月30日22:00にプレミア公開されます。
2021年12月、歴史が培った伝統技法と意匠を継承するための活動の一つとして2019年に併設された私どもの「ギャラリー嘸旦(むたん)」にて『工芸品と音』の共演が実現。
その時の、前衛的な姿勢で豪華絢爛な金彩を施した工芸作品と向き合う音楽家たちの視線を、写真家・蓮井幹生氏が捉えた映像作品版となって、このたび、ユネスコ国際ジャズ・デーに開催される「Jazz Auditoria Online 2022」に出展します。
是非ご視聴ください!
SONG X JAZZ『Kinzan Jazz Festival – Quiet Brilliance 2021』
————————————————-
Act 01_「HEART OF GOLD」
須川 崇志_cello,contrabass
五彩を駆使した絢爛豪華な絵付、金彩の技法を得意とし代々「金」を使った作品を守り続けている錦山窯。「金」を用いた緻密で繊細な表現への挑戦、絶えず変革を織り交ぜながら伝統技法に取り組んできた職人たちの「真摯で豊かな心」へのオマージュ。
————————————————-
Act 02_ 「LETTERS」
松丸契_saxophone
伝統の文様を、新たなデザインに落とし込むという作業は、現代の職人にとって技術習得の場になるとともに、先人からの無言の「手紙」を読み解くことかもしれません。受け継がれてきた技の継承、そこに新たな価値を与える創造への手向け。
————————————————-
Act 03_ 「MUGA」
類家心平_trumpet,electronics
石蔵の中に眠る古作から立ちのぼる職人の息づかい、交わされたであろう古の職人たちの無言の会話を紡ぐ「無我」へのメッセージ。
————————————————-
企画・制作 : 錦山窯 / Soldum Inc. / SONG X JAZZ / Creative & Calm
オーガナイザー:吉田幸央(錦山窯)
制作 : 深澤 絵(Soldum Inc.)
アーティスィック・ディレクター : 宮野川 真 [SONG X JAZZ]
アソシエイト・プロデューサー : 中原 寛法 [SONG X JAZZ/Creative&Calm]
撮影 : 蓮井幹生
映像編集 : 蓮井幹生 + 宮野川 真
サウンドディレクション : 山口 宜大 [Magic Mill Sounds]
————————————————-
Kinzan Jazz Festival – Quiet Brilliance 2021
Festival producer: Yukio Yoshita[Kinzangama Kiln/Gallery MUTAN]
Artistic direction: Makoto Miyanogawa [SONG X JAZZ]
Associate producer: Hironori Nakahara[SONG X JAZZ/Creative&Calm]
Relation presse / Communication: Kai Fukazawa[Soldum inc.]
Filmer: Mikio Hasui
Sound engineer: Takahiro Yamaguchi [Magic Mill Sounds]
Video editors: Mikio Hasui + Makoto Miyanogawa
Visual design: Kyoko Fujiwara
Thanks to all who are involved in this project, all who encouraged and helped us to carry out this project. Especially the family of Kinzan Klin, Taro,Mifuyu and Rumiko who had kept planning from the beginning of this project.
Special thanks to:
Jazz Auditoria,Blue Note Japan, MODERN LIVING
This festival is dedicated to Kinzangama Kiln since 1906.

人間国宝 吉田美統展

3月16日より、名古屋栄三越にて「人間国宝 吉田美統」展が開催されます。

吉田美統の釉裏金彩の作品とともに、幸央と錦山窯の作品もご覧いただけます。

 

会期中の19、20日は吉田幸央とるみこが在廊予定ですので、お近くに方はぜひお越しくださいませ。

 

 


 

「人間国宝 吉田美統」展

<特別企画> 錦山窯の系譜

 

会期:3月16日(水)〜3月22日(火)

会場:名古屋栄三越 7階 美術画廊

 

 

 

「金彩の世界 吉田美統・吉田幸央」展

2月25日より、博多阪急にて「金彩の世界 吉田美統・吉田幸央」展が開催されます。

今回は三代・吉田美統と四代・吉田幸央の親子展ということで、それぞれの特徴を活かしながら表現された世界を一度にご覧いただける機会となります。

 

会期中の26日・27日は吉田幸央が在廊予定です。

 

お近くの方はぜひお立ち寄りくださいませ。

 

「金彩の世界 吉田美統・吉田幸央」展について

デジタルカタログ

 

 


 

「金彩の世界 吉田美統・吉田幸央」展

会期:2月25日(金)〜3月6日(日)

会場:博多阪急 7階 イベントホール「ミューズ」

 

 

第9回陶美展

第9回陶美展が、日本橋高島屋で1月26日から開催されます。
三代吉田美統、四代吉田幸央の作品が展示されています。
全国的になかなか厳しい社会情勢になったてきました。
なかなか言い辛いですが、、、お近くまでいらっしゃったら、是非会場にも足をお運びください。
会期:2022年1月26日(水)→2月1日(火)
         ※最終日は午後4時閉場
会場:日本橋髙島屋S.C. 本館6階美術画廊
日本陶芸美術協会

リンネル 3月号

本日発売のリンネルにて、錦山窯をご紹介いただきました。

 

上白石萌歌さんが伝統と自然の美しさを体感できる加賀・越前エリアをめぐる旅。

錦山窯では、金箔で加飾をする金襴手という技法を嘸旦で体験していただきました。

 

ぜひご覧ください。

 

 

また、今回萌音さんが体験した金襴手のワークショップを予約制で承っております。

詳細は錦山窯のHPよりお問い合わせくださいませ。

 

錦山窯お問い合わせ

 

 

 

 

「深める・拡げるー拡張する伝統工芸展」

文化庁主催で「深める・拡げるー拡張する伝統工芸展」が、1月19日から日本橋三越で開催されます。
今回の企画では、錦山窯三代幸央の作品も出品されております。
とても興味深い展示となったおりますので、ご興味のある皆様、是非日本橋へ、、、
日時 2022年1月19日(水) ~ 2022年1月31日(月)
    最終日午後6時終了
場所 日本橋三越本店 本館7階 催物会場
入場料 無料
主催:文化庁
協力:公益社団法人日本工芸会
企画監修協力 外舘和子(多摩美術大学教授・工芸評論家)



未来へつなぐ陶芸 – 伝統工芸のチカラ 展

錦山窯の三代美統・4代幸央ともに所属している(公社)日本工芸会の陶芸部会が、設立50周年を記念して1月15日からパナソニック汐留美術館を皮切りに全国巡回展が始まります。
最高の技術に裏打ちされ、クリエイティブでありながらもオーセンティックな多様な作品とその歴史を眺めながら、あらためて本物の伝統工芸の楽しさと美しさと気づいていただければ幸いです。

謹賀新年

謹んで新年のお慶びを申し上げます。

皆様方には平素より格別のご配慮を賜り誠にありがとうございます。

また旧年中はお越し頂いた多くの方々との出逢いに感謝申し上げます。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

尚、ギャラリー嘸旦は1月8日(金)より開館となります。

アポイント制につき、ご予約はホームページよりお問い合わせくださいませ。

 

 

ギャラリー「嘸旦」 年末年始のお知らせ

日頃より錦山窯のギャラリー「嘸旦」をご愛顧いただき誠にありがとうございます。
「嘸旦」では、年末年始につきまして下記の通り休館とさせていただきます。
どうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

【年末年始休館】

2021年12月29日[水]〜2022年1月7日[金]