Information

リンネル 3月号

本日発売のリンネルにて、錦山窯をご紹介いただきました。

 

上白石萌歌さんが伝統と自然の美しさを体感できる加賀・越前エリアをめぐる旅。

錦山窯では、金箔で加飾をする金襴手という技法を嘸旦で体験していただきました。

 

ぜひご覧ください。

 

 

また、今回萌音さんが体験した金襴手のワークショップを予約制で承っております。

詳細は錦山窯のHPよりお問い合わせくださいませ。

 

錦山窯お問い合わせ

 

 

 

 

【madame FIGARO掲載】Kinzan Jazz Festival - Quiet Brilliance 2021 -

ウェブ版 madame FIGAROにて、錦山窯初の音楽フェスティバル「Kinzan Jazz Festival - Quiet Brilliance 2021 -@ Gallery MUTAN」を紹介いただきました。

 

【madame FIGARO掲載】Kinzan Jazz Festival

 

 

音楽フェスティバル『Kinzan Jazz Festival ‒ Quiet Brilliance 2021‒ 』は、「嘸旦」から、九谷焼の価値観をさまざまな文化交流を通し、共有していきたいという想いの元、予ねてより実現したかった工芸とジャス音楽家の共演です。

 

コンサート・プロデュースは、ジャズ・レーベルの「SONG X JAZZ」が担当し、錦山窯の作品の特徴である豪華兼蘭な金彩を使った強いグラフィックと独創的な造形美に共鳴するステージを演出しています。

 

 

12月4、5日の3公演、各6名限定の特別公演です。

ぜひご注目頂けますと幸いです。

 

公演チケットのご予約はこちらから

 

 

 

 


Information

  • イベント名 | Kinzan Jazz Festival ー Quiet Brilliance 2021 ー
  • 出演日時 / 出演者

Act 01 _ 12 月 4 日(土) 17:30~ 須川 崇志(Cello , Cello , Contrabass)

Act 02 _ 12 月5 日(日)13:00~ 松丸 契 (Saxophone)

Act 03 _ 12 月5 日(日)17:30~ 類家 心平 (Trumpet , Electronics)

 

  • 会場 | 錦山窯 / ギャリー嘸旦 (石川県小松市高堂町ト18)
    ● 定員 | 各公演につき6 名
  • チケット料金 | 8,000 円(税込)
  • チケット販売開始日 | 11 月11 日(木)12:00~
  • チケット販売先 | https://kinzan-jazz.peatix.com/
  • 公演情報 | 「ギャリー嘸旦」イベントページ https://mutangallery.com/event/

 

  • 注意事項

・本公演ではスチールとムービーの撮影及び音楽収録を行いますことを予めご了承ください。

・「ギャラリー嘸旦」は音楽公演の会場としては非常に小さな空間となります。

生音を大音量で聴いて頂きますので、健康状態に不安がある方や大音量が苦手な方はご考慮ください。

・未就学児はご遠慮ください。

・各日各回ともに、お一人様2 枚までとさせていただきます。

・ご希望の公演日は必ずご選択時にご確認頂き、お間違えのないようお気をつけください。

・予定枚数終了次第、締め切らせていただきます。

・都合により、出演者が変更になる場合があります。

・最新の出演者については、必ず公式ページ〈ギャリー嘸旦」イベントページ〉をご確認の上お申し込みください。 https://mutangallery.com/event/

・お電話でのお問い合わせは受け付けておりませんので、

お申し込みは〈Peatix〉または、以下までお問い合わせください。

イベント事務局 お問い合わせ先 | info@soldum.co.jp

 

  • 新型コロナウイルス感染症の予防対策について

・来場される全ての方に、マスクの着用をお願いしております。

・ハンドジェルや除菌スプレーをご用意いたしますので、入館時の手の消毒にご協力ください。

・風邪に似た症状や37 度以上の熱があるなど、体調のすぐれない方は、ご来場をお控えください。

・体調が悪化したり、気分が優れなくなった場合は無理をせずにご来場をお控えください。

 

 

Production

・Festival Organizer  | 錦山窯

・Music Produce |

Makoto Miyanogawa(SONG X JAZZ)

Hironori Nakahara (SONG X JAZZ)

・Movie | Mikio Hasui

・Sound | Takahiro Yamaguchi (Magic Mill Sounds)

 

・本件に関してのお問い合わせ

PR担当 Soldum Inc, 深澤( fukazawa@soldum.co.jp / 090-3981-7370)

 

 

情報誌「VISA」掲載

今月発行の情報誌「VISA」の表紙に錦山窯の「鼓筥」が選ばれました。

また、「金箔」をテーマに九谷焼の紹介ページでは、錦山窯の伝統技術や作品、嘸旦ギャラリーについて特集いただきました。

ぜひご覧くださいませ。

 

なお、現在ギャラリー嘸旦では企画展「九谷茶譚展 vol.2」を開催しております。雑誌掲載された作品もご覧いただけますのでどうぞお問い合わせくださいませ。

 

 

 

「九谷茶譚展 vol.2」

期間:3月13日(土)〜28日(日)

会場:嘸旦

※アポイント制につきHPよりお問い合わせくださいませ。

 

 

 

 

KOGEI STANDARD

日本工芸のオンラインメディア「KOGEI STANDARD」にて、錦山窯当主・吉田幸央の作品をご紹介頂きました。

 

美しい写真とともに掲載いただいております。

ぜひご覧くださいませ。

 

<KOGEI STANDARD>

 

 

 

25ans 3月号

現在発売中の「25ans」3月号にて、MIROKUシリーズをご紹介いただきました。

ぜひご覧くださいませ。

 

25ans HP

 

 

 

「- ミロク MIROKU – 」

世界の人を救うと言われている弥勒菩蔭。
この小壷の香りで人を「救う=幸せにしたい」という願いを込めてミロクと命名しました。
ミロクは日本古来のお香と小さな壺を合わせた香壺です。
現在ではあまり使われなくなった 「テレピン叩き」という伝統技法を用いて5種類の色で展開し、 金箔を使う金襴手という技法で繊細な模様を施しています。
錦山窯の特長を最大限に活かしつつ、小さな世界に香りをとじ込めました。

 

詳細はWEBSHOPにてご覧頂けます。

WEBSHOP

 

<TECTURE MAG>

検索機能を備えたビジネス・ファッション・アートなどの次世代型ウェブメディアである「TECTURE MAG」にて、嘸旦を紹介頂きました。

ぜひご覧くださいませ。

 

<TECTURE MAG>

 

 

WORK MILL

「働く」をいろいろな視点から捉えるウェブマガジン「WORK MILL」にて、錦山窯当主の吉田幸央のインタビューが公開されました。
これまであまり語ることのなかった、窯元における時代の流れとともに変化する働き方についてお話ししております。

 

どうぞご覧くださいませ。

 

<WORK MILL記事>

 

 

「CYAN」掲載

7月30日発売のビューティ&ライフスタイルマガジン「CYAN」にて錦山窯を特集いただきました。

日本の工芸品を取り上げる企画「Traditional Crafts」では、錦山窯の歴史と技法についてや、Falling FlowerやShugu、MIROKUシリーズが紹介されています。

ぜひご覧くださいませ。

 

 

北陸のうつわ展―19人の素材とかたち 

伊丹市立工芸センターにて「北陸のうつわ展―19人の素材とかたち」展が開催されております。

錦山窯からは吉田幸央とるみこが出展しております。

お近くにお越しの際はぜひお立ち寄りくださいませ。

 

<展示会情報はこちらから>

 

 

————————————————————————————————————-

「北陸のうつわ展―19人の素材とかたち」

日本全国の様々な地域にスポットをあて、その地ゆかりの工芸作家による“うつわ”を紹介してきた展覧会。今回は、北陸地方の富山、石川、福井の3県を取り上げます。北陸地方は、工芸の盛んな地域として知られ、また近年、歴史の中で培われた技術や手法を踏まえながらも現代感覚を取り入れ、独自の表現を追求する工芸作家が増えつつあります。また各種工芸教育・研修機関も多く、国内外で活躍する工芸作家が多数輩出されており、日本の工芸の拠点の一つとして、今後益々の国際的な注目が期待される地域です。本展では、この地に制作の基盤を置く陶、漆、金工、ガラスの4分野の作家19名の作品が一堂に会します。それぞれのつくり手たちの個性が映し出された多彩な“うつわ”による継承と革新の競演をご覧ください。

 

【会期】2020年6月2日(火)~6月14日(日)
10:00~18:00  ※月曜休館

【会場】伊丹市立工芸センター 地下1階 企画展示室 (入場無料)

 

exsior magazine

前回に続き、LIXILのガーデンエクステリアブランド「エクシオール」のWEBマガジンにて錦山窯のマグカップをご紹介いただきました。

 

光の移り変わっていく様を表現したグラデーションが美しい、浮世シリーズです。

光を感じる空の碧から宇宙の青、春の霞がかった光から初夏の透明感のある光など、美しいグラデーションが使う人によって様々な想像を広げます。

 

ライフスタイルショップ『THE COVER NIPPON』のクリエイティブ ディレクター・松坂香里さんナビゲートのこの企画では、庭やテラスで様々なシーンに使いたいカップをコンセプトに毎週紹介されています。

ぜひご覧くださいませ。

 

exsior magazine

 

 

exsior magazine(前回記事はこちら)