News

吉田幸央・吉田るみこ二人展 in 益子

吉田幸央・吉田るみこ二人展

2011/9/17(土)〜10/2(日)

 

今回は、栃木県の益子で二人展を下記のとおり開催致します。

九谷とまるで正反対の作風を持つ益子のという焼き物の産地で、私達の作風がどのように評価されのか楽しみでもあり、不安でもあります。

お近くの方は是非覗いてみて下さい。

 

ギャラリー緑陶里

〒321-4218 栃木県芳賀郡益子町城内坂88 Tel:0285-72-7711(代)

 

 

九谷の花をさかせましょう in TAKANDO

「高堂九谷」のイベントです。同じ町内の三つの窯元を巡って、隣町の造り酒屋で夕食するというかなりローカルでリッチで楽しい催しです。会食場所は創業150年の老舗東酒造、名店「長沖」の特別仕出し、さらに篠笛のライブがあります。勿論、錦山窯も参加しています。ご興味のある方はどうぞ!

日時 2011年9月23日

参加費 16,000円

問い合わせ先 090-1310-9259

リアルチームこまつ船津まで

 

いしかわの伝統と新しい感性

錦山窯のcobaco(陶箱)やMARUM(アクセサリー)が展示されます。

錦山窯の得意とする金盛唐草文や金襴手唐草文を直にご覧ください。

しいのき迎賓館 ギャラリーA.B

7月5日(火)より19日(火)

10時から18時

入場無料

 

吉田幸央 作陶展

吉田幸央 作陶展

横浜高島屋で吉田幸央の作陶展が下記の日程で開催されます。

是非、ご高覧下さい。

 

平成23年6月29日(水)〜7月5日(火)

横浜高島屋7階 美術画廊

 

 

春色のグラデーション

只今、銀座和光並木館にて作品展を開催中です。大きな作品から日常の食器までいろいろでています。写真に紹介している長皿の大きさは35×10.5×1.5㎝です。長細い形がなんとも心地良い。抹茶クリームのかかったプチパンをのせてみると、うつわのピンクと相まって春がもうそこまで来ているような気持ちになります。桃の節句には小さなお雛様を飾ったりデスクに置いてメガネやアクセサリー入れに使ってもいいようです。(幸央在廊日10日〜14日)是非会場にお越し下さい。

Domani12月号

Domaniドマーニ12月号

お知らせが随分と遅くなってしまいましたが、吉田幸央の器が掲載されました。

モデル小泉里子のこだわりテーブルウエアだそうです。

もちろん、制作者の幸央は本人に会ったことがございません。

写真でみると、とても綺麗な方ですね。

お世話になっている、青山の「一枝軒」さんで購入して頂いたそうです。

有り難うございました。

彩色金彩 吉田幸央展 (仮称)

「彩色金彩 吉田幸央展」

平成23年2月23日(水)〜3月1日(火)

伊勢丹新宿店 リビング 和食器売場

食器と小物を中心にした小品展ですね。

幸央にとっては初めての会場です。

現代工芸アートフェア

第一回現代工芸アートフェア

2011年3月5、6日

東京国際フォーラム

東京都千代田区丸の内3-5-1

幸央とるみこが出品します。

久々の大がかりな現代工芸の展示会です。

関係者の方々ご苦労様です。

傘寿記念 吉田美統作陶展 (仮称)

傘寿記念 吉田美統作陶展(仮称)

平成23年4月20日〜26日

日本橋三越本展6階美術特選画廊

傘寿を迎える吉田美統の大きな展覧会となります。

気合いを入れて3年前から準備をしてきました。

是非ご高覧下さい。

13 / 14« 先頭...1011121314