News

留さんのニッポン焼き物紀行

留さんのニッポン焼き物紀行

BS朝日で「留さんのニッポン焼き物紀行」という番組で九谷が特集されます。

放映時刻は、2月16日(日)午後3:00〜

三代吉田美統を中心に錦山窯の3人の作家が出演します。

大丈夫でしょうか?

どんな番組になっているのか、全く私達には全く分かりません。

三人ともに何を話したのか覚えていないんですから、、、

私達もBS朝日の編集力を信じて見ることにしますね。

それにしても、福留さんの魅力的な人柄に心引きつけられました。

調子に乗って余計なことをしゃべっていないでしょうか、、、心配です。

ご興味のある人は、是非ご覧になって下さい。

人間国宝展・工芸からKOGEIへ展・PRODUCT DESIGN TODAY 展

人間国宝展工芸からKOGEIへ展PRODUCT DESIGN TODAY 展

現在、東京国立博物館平成館で「人間国宝展」、東京国立近代美術館工芸館で「工芸からKOGEIへ展」が開催中、、、

国立博物館では三代美統の作品が、工芸館では四代幸央の作品が展示されています。

日本伝統工芸展60回を記念しての企画展ではありますが、

東京の国立の2カ所の美術館で二人の作品でほぼ同時に作品が展示されることは、とても珍しい事ですね。

さらに、四代幸央の弟であるプロダクトデザイナーの吉田守孝氏の製品も、東京国立近代美術館でつい先頃まで開催されていた「PRODUCT DESIGN TODAY 展」に展示されていました。

親子三人の作品が、ほぼ同時期に東京の国立系の博物館・美術館で展示されていたんですね。

今更ながら、とても幸せなことだと思っています。

近代美術館の「PRODUCT DESIGN TODAY 展」は1月の13日には終了していますが、

博物館の「人間国宝展」、工芸館の「工芸からKOGEIへ展」はともに2月23日まで開催されています。

興味のある方は是非足を運んでみて下さい!

吉田家の気分が味わえるかも知れません、、、

そういえば、

私ども錦山窯の周辺の人間模様を少しお伝えすると、

時々このブログにも登場してくる四代幸央の妻のるみこは、同じく陶芸作家です。

また、吉田守孝氏の妻の雪枝さんは、もと雑誌民芸の編集に携わっていたライターですし、

雪枝さんの弟の横須賀拓氏は現在東京で活躍しているグラフィックデザイナーと言うことです。

さらに、四代幸央の娘のみふゆさんは、店舗設計施工の某会社に勤めるインテリアデザイナーの卵!

陶芸作家・プロダクトデザイナー・ライター・グラフィックデザイナー・インテリアデザイナー、、、

気がつけば、随分多彩な人材が揃っていますね!

いつか、全員で何か大きなプロジェクトをやれたらいいなぁ、、、と思っております。

人間国宝展 http://www.tnm.jp/modules/r_free_page/index.php?id=1625

工芸からKOGEIへ http://www.momat.go.jp/CG/kogei60th2013/index.html

 

人間国宝の休日

1月15日発売の週刊現代の巻頭グラビア特集「人間国宝の休日」と題して、三代美統の様子が掲載されています。

四人の人間国宝の先生方のうちの一人なのですが、、、

あんなに色々と撮影したのに

やはり、酒飲んでおしゃべりしてるとこなんですね。

気になる人は、本屋で、コンビニで、キヨスクで、立ち読みして下さい。

いやいや、わずか420円なので是非お買い求めを、、、

吉田幸央・るみこ展 & うつわ遊び

吉田幸央・るみこ展 & うつわ遊び

毎年恒例、一枝軒見本オーナープロデュースのうつわ遊びの12月はやってきました。

今回のチラシは、なんというかかなり気恥ずかしい、、、

でもオーナーの見本さんの気分が良く出ていて、なんだか無条件でOK出してしまいました。

どうなることでしょう、、、

12月に入ったら、二人で伺いますね!

毎年色々な方々とお目にかかれるのが楽しみです。

上京予定は、一枝軒のブログで発表です。

会期は、11月22日(金)〜12月23日(月)

お問い合わせはこちらまで、、、一枝軒方南町店(03-3315-5868)・南青山店(03-3406-3936)

陶工房 2013 No.71

「陶工房」最新号で、錦山窯から二人の陶芸家が紹介されています。

どちらかというと初心者向けの陶芸雑誌の、気になるレポート「夫婦で陶芸家」というコーナー!

こんなコーナーあったんだ!

どうなんでしょうね、、、参考になるんでしょうか?

この二人、どちらかというとかなり変わった夫婦だと思うのですが、、、

興味のある方は、どうぞ書店で、、、

第60回日本伝統工芸展金沢展

第60回日本伝統工芸展金沢展

第60回日本伝統工芸展金沢展が、明日10月25日より石川県立美術館で開催されます!

石川県内から5人の受賞者を 出した金沢展、今年は見応えがあります。

また、60回記念として「人間国宝が語る日本伝統工芸展60回とこれから」と題し、

石川支部・富山支部の人間国宝総勢10名の先生方が勢揃いした講演会が10月27日開催されます。

北陸の人間国宝全員を目にし、話を聞くことが出来るまたとないチャンスですね、、、

それに聴講無料です!

そういうわけで、皆様是非会期中、石川県立美術館へお立ち寄り下さい。

もちろん、錦山窯三代吉田美統・四代吉田幸央の作品も 会場に展示されております、、、、探してみて下さい!

豊穣の宴

豊穣の宴

今日、金沢の老舗金茶寮本店で錦山窯三代の吉田美統の食談が開催されます。

演題は、「箔と闘う美の世界」、

お酒は隣町の東酒造、音楽は加賀太鼓。

犀川を見下ろす、景色の素晴らしい宴会場で今夜6時から、、、

さてさて、どのような話となるでしょう、、、

 

吉田幸央作陶展 横浜高島屋美術画廊

吉田幸央作陶展

横浜高島屋で三代幸央の個展が開催中です。

九谷焼の伝統技法を駆使し作り上げた、彩色金彩の世界を堪能下さい。

本人は、28日(土)・29日(日)と在廊予定です。

会場 横浜高島屋7階美術画廊

期日 平成25年9月25日(水)〜10月1日(火)

九九九展 〜 九谷焼 九谷塾 九人の陶芸家 〜

 〜 谷焼 谷塾 人の陶芸家 〜

8月24日より、栃木県益子町の「ギャラリー緑陶里」で九谷の仲間達の企画展を開催されます。

九谷塾を中心に九人の中堅・若手陶芸家が集まった展覧会ですね、、、

錦山窯から四代幸央も出品しております!

九谷地で生まれ育った、それぞぞれに特徴のあると9人作家のが不思議なご縁で集合します。

益子・笠間と大きな窯業地の中でちょっと変わった色絵の世界を展開することになるでしょう、、、

お近くの方々は是非お立ち寄りください!

九展 〜 九谷焼 九谷塾 九人の陶芸家 〜

会期 2013.8.24(土)〜9.8(日)

ギャラリー緑陶里

〒321-4218 栃木県芳賀郡益子町城内坂88 http://www.yamani-otsuka.co.jp

Tel 0285-72-4789

陶工房70 九谷絢爛

雑誌陶工房最新号に三代美統の特集されています。

名陶地探訪という企画で、今回は九谷焼ですね。

釉裏金彩の美統、そして色絵の武腰潤先生、それぞれ特徴のある作風の作家がチョイスされています。

その他、見るべき施設や製土所まで、、、

詳しくは、書店で手にとってみてください!